Accessibility

島田市立島田第二小学校WEBサイトです

HOME学校ニュース学びを生かして「点」から「線」

学びを生かして「点」から「線」

 9月10日・11日の2日間、朝霧野外活動センターで5年生の自然体験教室が行われました。悪天候のため、富士登山は中止となり、多少の予定変更はありましたが、全員無事に活動を終えることができました。

IMG_0330.JPG IMG_0337.JPG

IMG_0360.JPG IMG_0323.JPG

7月から出発まで、活動の目的を理解したり役割を分担したりして、様々な事前準備をしてきました。一つの行事を行うためには、特に今回のような宿泊を伴う大きな行事の場合は、何週間もかけて事前指導を行います。食事のマナーや部屋での過ごし方など、気持ちよく集団生活をするための「気遣い」がとても大切です。本年度の重点目標「感じて動く~自分から みんなで~」です。周りの様子や友だちの気持ちを「感じて」行動することができるよう指導しています。

IMG_0378.JPG IMG_0374.JPG

教室では体験できないことをたくさんすることができました。松下牧場では、友だちの気持ちだけでなく、「牛の気持ち」も考えることを勉強しました。

IMG_0490.JPG IMG_0458.JPG

IMG_0478.JPG IMG_0413.JPG

IMG_0424.JPG IMG_0407.JPG

本校では、「感性に働きかける授業」を目指しています。2日間の自然体験教室では、普段は刺激されることの少ない部分の感性を揺さぶられたのではないでしょうか。事前準備から当日の活動まで、多くの時間をつかってきました。「楽しかった」で終わっては、活動が「点」になってしまいます。この活動を今後の学校生活に生かしていくためには「振り返り」まで丁寧に行っていくことが必要です。

IMG_1840.JPG IMG_1843.JPG

振り返りでは「自分はどうだったか」ということと、「友だちの行動のよさ」にも目を向けさせます。そうすることで、自分と照らし合わせて考え、自分を俯瞰する事、つまり「自分を感じること」ができると考えます。「企画・活動・振り返り」のサイクルで教育活動を進め、「点から線」へとつなげていきます。「感じて動く~自分から みんなで」の具現化のためには、学校の様々な場面で、「自分を感じる手立て」を打つことが大切だと考えます。

CIMG1542.JPG CIMG1576.JPG

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2019年5月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8